紙漉き教室開催

職人仕事は出職と居職に分かれます。建築現場など現場合わせが必要な職人仕事は出職です。和紙作りはどこにも移動できない正に居職の典型です。それを敢えて出職の仕事にしました、どこにでも伺い和紙・紙漉き教室開催致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年の紙漉きと2010年の漢字一文字は?

今年の紙漉きの弟子になった(手ほどきした)顔ぶれは多岐にわたりました。
1月、小学校に出前の紙漉き教室開催から始まりました。
文化庁のお仕事で・・・事業仕分けで俎上にあがった事業。
「子どものための優れた舞台芸術体験事業」
昨年の事業仕分けで一度は消えた事業ですが、請願で復活しました。
結果を出せと、議員さんが言ったあれです。
私の取り組む中身を見てから評価の欲しい所。
子ども達の表情を見て点数を付けろ! と言われてもな~。
尊敬や感動や憧れを数値化は出来ません。
その後直ぐに出掛けたエジプトも文化庁のお仕事。
その昔、河合隼雄さんが文化庁長官の際に作った制度。
日本文化の担い手を広く海外に文化交流使と名付けて派遣。
これも事業仕分けの槍玉に上がった。

和紙造形作家の伊部京子さんが文化交流使の任命を受け、
アメリカとエジプトに派遣された。
その内のエジプトの行程に助手として、
徳島の上田貞子さんと一緒に同行しました。
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2010/01/2010_126472821799.html
新聞に紹介されている内容に私のことはかすりもしません。
私は単なる黒子ですから・・・・はい。
派遣された工房では休憩時間になると、ケータイに向かい手話をしている。
明るく屈託がない彼女たちは同じ境遇の友人とケータイで会話していた。
エジプトは不思議空間。

帰国後直ぐにキリスト教を柱にしている私立の小学校で
紙漉き教室をした。余裕の一日丸ごと紙漉き教室開催。
楮を煮る時間まである授業は公立の小学校では中々取り組めません。
しかし、此処の学校では実践しています。


夏にイスラエルから来た18人に紙漉き教室。
知ってますか?
ユダヤ教に入信するにはユダヤ人にならないと入れない、
と言う事を?
と、言うことで今年はエジプトでイスラム教の方に
紙漉きの要締をつたえることから始まり、
キリスト教、ユダヤ教の方まで世界三大宗教に伝えた今年の紙漉き教室開催。
マハトマ・ガンジーが言ってます
“私はヒンズー教徒でありイスラム教徒でありキリスト教徒であり
ユダヤ教徒です。枝は違っても皆、一つの木なのです“
皆、物作りの原点を知りたいのです。私は伝える人です。
私の宗教は「紙のカミサマに感謝の心」。


今年の漢字一文字は「宗」
宗教と紙。 それに尽きます。



スカイツリーを仰ぎ見ながらの紙漉きや、
朝鮮学校で10年以上続く紙漉き教室。
国士舘大学での紙漉きでは3人の中国人留学生がお手伝いしてくれた。
千駄ヶ谷日本語教育研究所に所属して日本語を勉強している外国人の学生さんとの紙漉き。
仲人さんの自宅に押し掛けて開催した紙漉き教室。
役者さんや能楽師さんや大鼓の奏者に伝えた紙漉きの心。
15年続く子どもキャンプ紙漉き。
年間通して開催した雅さんでの紙漉きで広がる世界。
晩秋に続いた保育園紙漉きが、私の真骨頂を再認識できた。
紙漉きをしてて出会うことの出来た弟子。
最初で最後の企画、その弟子たちに対する叩き棒授与式。
年の最後は寒空の中、イルミネーション輝く
表参道のファッションビルの一角での紙漉き。
見学したお客さん、体験した皆さんは
笑顔でイルミネーションに吸い込まれて行きました。


伝える仕事。
相手が必要な仕事です。
黙々と・・・は楽しく伝わらない、
ゆえに、楽しくをモットーに伝える仕事、
進化させます。


それぞれの会場でそれぞれの出会いがありました。
出会いに感謝です。
来年も元気に紙漉きの教室を開催し続けていこうと思います。

ありがとうございました。

今年最後の書き込みといたします。
皆さま穏やかな気持ちで、新年をお迎えください。

  紙漉き  田 村  正



******************************
紙漉き  田村正tamura

紙漉き教室開催:
http://kamisuki.blog83.fc2.com/
        
スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/12/30(木) 20:20:20|
  2. 想い
  3. | コメント:0
<<和紙文化の発展を願い | ホーム | 平成22年度 第30回 伝統文化ポーラ賞>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。