FC2ブログ

紙漉き教室開催

職人仕事は出職と居職に分かれます。建築現場など現場合わせが必要な職人仕事は出職です。和紙作りはどこにも移動できない正に居職の典型です。それを敢えて出職の仕事にしました、どこにでも伺い和紙・紙漉き教室開催致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都・西山高原アトリエ村展での写真


西山高原アトリエ村の重鎮 貴志カスケさんが写真を公開しています。

その案内でもありますが、454枚の写真の中から紙漉きのみを探し出すのは

大変です。

選ばれし写真を数枚公開お時間あれば全部見てください。

第24回京都西山高原アトリエ村展Googleの写真保存? て言うのかな?


DSC_0002_.jpg




会場は西山高原アトリエ村に入ってすぐ、ある会社の倉庫の前をお借りして

前日にテントを建て、当日朝から道具を運び込み漉き舟に水を入れるところから準備です。

バスが運行され沢山の方が歩き始めるころには私の舌も滑らかになっています。
笑顔に出会える紙漉きに感謝です。
DSC_0261_.jpg





2日目のこの日は関西地方、いや日本全国で黄砂の襲来がありマスクが必需品となりました。
トロロアオイの神秘話。女性はとても綺麗な方なんですよ、笑顔がマスクの向こうにあります。
DSC_0298_.jpg


紙漉き体験した後は急ぎ魔法の布で水を搾り
写真にはありませんが乾燥機に張りつけ
村内を散歩している間に紙を乾燥。
持って帰ることが出来るようにしました。そういう企画だったんです。
DSC_0288_.jpg



隣のテントでは少年少女が野菜販売のお手伝いをしてくれました。
京都新聞のコラム 
DSC_0294_.jpg


そのむこうのテントは休憩所ということで
とてもいい場所を提供していただけました。ありがとうございました。
DSC_0291.jpg




        






スポンサーサイト

テーマ:ワークショップ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/07/01(金) 20:01:47|
  2. 紙漉き教室実践編
  3. | コメント:0
<<みやび君の和紙便り「伝統に挑む!!老若トリオの絆」 2011年06月27日のブログ紹介 | ホーム | 紙わざ その4 最終回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。