FC2ブログ

紙漉き教室開催

職人仕事は出職と居職に分かれます。建築現場など現場合わせが必要な職人仕事は出職です。和紙作りはどこにも移動できない正に居職の典型です。それを敢えて出職の仕事にしました、どこにでも伺い和紙・紙漉き教室開催致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

朝鮮から伝わった伝統ある紙の歴史を習い、和紙作りに挑戦しました。

東京都立川市にある西東京朝鮮初中級学校で毎年恒例の紙漉き授業開催してきました。

学校のHPに以下紹介された。
ウリハッキョのホームページへようこそ!!
朝鮮から伝わった伝統ある紙の歴史を習い、和紙作りに挑戦しました。講師は紙漉き職人である、
田村正師匠です。今年で12年目になります。毎年素晴らしい授業をありがとうございます!



上記をクリックしていただくと楮叩きがご覧いただけます。




「アンニュン・ハシムニカ」と挨拶をし、黒板にハングル文字で「たむらただし」と自己紹介

授業内容は1kgの楮を一晩水に浸けて持参。
表皮を取り、その場で煮て・・・・・・。



煮てる間に好評の世界地図を一気に書きあげペーパーロードのお話。
朝鮮半島の発音で高句麗(コグリョ)の僧、曇徴(タムジン)を紹介。
その昔(今も)日本では「こうくりの僧、どんちょう」と発音していました。
私は2000年を機に公に提唱しています。
朝鮮半島の発音で表記しましょう。と・・・・。
それはこの学校で授業をすることがきっかけとなっています。


発音これはとても重要な事柄と思っています。






灰汁抜き、チリ取り、叩き(これが写真で紹介されてます)
紙漉き、搾り、紙干しまで時間内に仕上げます。
表皮も煮て紙にしました。

今年も「1本の楮から紙を作る」と題して
私の工房の庭にある2年物の楮を切り倒し、準備しました。
原木の重さを量り、生皮をむき、重さを量り直し、
皮をまるごと煮て灰汁抜き後、叩きました。
何とも言えない緑色の紙仕上がりです。
紙漉きは簡単に堯紙法で2枚制作。




子どもたちは大変、次から次に難問を出され、次から次にクリアしながら
休みなくまたまた次から次へと進む、初めての紙漉き。
いつも思う、丸1日くれる校長先生の大きな裁量、見守る担任の温かいまなざし。


私は紙漉きの技術指導に来たわけではない。
想いを伝えに来ている。


紙を漉きながら注意深く見まわすと
必ずいてくれる。


つぶらな瞳の生き生きとした少年少女たち。
この出会いを大切に寄り添いたい。





ウリハッキョのホームページへようこそ!!
その中のマイアルバム・高人気のコーナー
2010年度学校行事 のトップ10 のなかで №1を獲得? です。
「紙漉き授業」と題して7月5日の段階で 1102 ヒットです。





2011年度の今年もアクセスランキングで1位を取るべく皆さんに今年の楮叩きのクリックをお願いします。






こちらも



スポンサーサイト

テーマ:ワークショップ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/07/07(木) 17:16:07|
  2. 紙漉き教室実践編
  3. | コメント:0
<<京都工芸繊維大学での紙漉き その1 | ホーム | 紙漉きの師匠・田村正の「夏休み親子宿題紙漉き教室」は7月24日(日)です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。