FC2ブログ

紙漉き教室開催

職人仕事は出職と居職に分かれます。建築現場など現場合わせが必要な職人仕事は出職です。和紙作りはどこにも移動できない正に居職の典型です。それを敢えて出職の仕事にしました、どこにでも伺い和紙・紙漉き教室開催致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011年 恒例夏の「子どもキャンプ」開催 その4



最終日の団扇作り 


DSCN2097.jpg
団扇作り参考写真







糊も手作り
鍋に小麦粉とその4倍量の水を火にかけながら、焦がさぬように・・・・・
出来上がりは濃厚だったので使いやすいように薄めました。


3グループに別れての取り組みは3日間変わらず。
1グループ8人を半分の4人ごとに一つのテーブルで取り組んだ。
糊の入れ物をテーブルごとに1個ゆえに8個のトレーを用意、そこに8本の糊刷毛
打ち刷毛は順番待ちで糊が乾いたり、折角のやる気をそがれるのが嫌で、人数分用意。
道具がまた増えてしまいました。


3日間通して小学校1年生や2年生などの低学年は大人がフォローしての取り組み
の予定なんだが大人も夢中になってしまうものつくりの瞬間、子どもたちは暫し待機。



御存じのように「つ」の付く年齢はお手伝いは重要なことなんです。
一つ二つ三つのように年齢の数え方は日本独特。
九つまでは大人は正々堂々と子どもの為に寄り添って手を添えて下さい。
十(とう)から「つ」が消えます。
いきなり突き放すのでなく、「つ」の付く年齢から上手にひとり立ちできるように
ある時は突き放し、ある時は寄り添い「自信」を持って取り組む醍醐味を伝えて下さい。

優しく全部してあげると、優しさは伝わらず、自立の妨げになります。
自立は個性です。
個性的な子どもは援助・寄り添い・見守りがあって生まれます。
木村はるみさんの子どもキャンプに続けて関わっていて感じる部分です。

個性的にカットされた団扇の風景 誇らしげに自立しています。
2011082414510000.jpg



風を受け乾燥待ちの間に繰り広げられたカーテンの向こうの「わたべうた」
2011082414510001.jpg

        








スポンサーサイト

テーマ:ワークショップ - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/09/03(土) 20:19:03|
  2. 出張紙漉き教室
  3. | コメント:0
<<2011年 恒例夏の「子どもキャンプ」開催 その5 | ホーム | 2011年 恒例夏の「子どもキャンプ」開催 その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。