FC2ブログ

紙漉き教室開催

職人仕事は出職と居職に分かれます。建築現場など現場合わせが必要な職人仕事は出職です。和紙作りはどこにも移動できない正に居職の典型です。それを敢えて出職の仕事にしました、どこにでも伺い和紙・紙漉き教室開催致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「全国手漉和紙青年の集い」2011和歌山大会 保田紙



2011090512010000.jpg

2011090511010000.jpg


「誰も来ませんね」と諦めていたところに、

龍神から脱出した車5台が到着しました。

そんな感じですかね。



青年の集いは4日で解散。

丸1日たった5日に来るとは思っていなかったようで・・・・・・・・





2011090511320000.jpg
歓迎してくれたのは鈴木さんをはじめとするスタッフ。
センター長は残念ながら不在でした。

熱心に説明をしていただきました。
ありがとうございます。



折角だから写真説明を少し。






2011090511430000.jpg
地元産の楮が十分に。

2011090511410000.jpg
楮を蒸すも煮るもこの四角いガス釜で、

2011090511410001.jpg


2011090511420000.jpg


2011090510560001.jpg
陸よりとでもいうのか、水仕事にならないチリ取り風景。



その後打解せずに、長刀ビーターで40分と言ってました。
結束繊維が多いのはこの工程の様な気がします。

が、どうなんでしょ? 専門家の判断が待たれます。 ん? おれ専門家?











スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/09/23(金) 20:52:53|
  2. 勉強会
  3. | コメント:0
<<「全国手漉和紙青年の集い」2011和歌山大会 保田紙その2 | ホーム | 「全国手漉和紙青年の集い」2011和歌山大会 高野紙その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。