FC2ブログ

紙漉き教室開催

職人仕事は出職と居職に分かれます。建築現場など現場合わせが必要な職人仕事は出職です。和紙作りはどこにも移動できない正に居職の典型です。それを敢えて出職の仕事にしました、どこにでも伺い和紙・紙漉き教室開催致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

和紙物語  イリノイ・ロスで上演


和紙物語 
20110914 Krannert Center
Krannert Center準備風景



伊部京子さんのインタビューがロスアンゼルスのTV局で放映されました。
Japan America Television


とても分かり易い発言になっていて、Recycling: washi tales制作の背景が見えてくると思います。


Los Angeles County Museum of Art
ロスアンゼルス郡美術館にある日本館で伊部さんの作品が11月28日まで展示されています。




皆さん当たり前のように「ラクマ・らくま」と申していましたが、頭文字の略と言うのがやっと分かりました。 

 L A C M A なんですね。納得。









私は制作現場に立ち会ったり、自宅での展示を見たり、梱包のお手伝いなど
他の方とは違う関わり方をしています。見慣れた(そこまでではありませんが)作品が
美術館で凛としていると、又別な感情が生まれます。

作品が本来持つ輝きが、落ち着いて渋く光る瞬間です。

伊部さんの和紙アートは計り知れないものを潜在していて、私に迫ってきます。

是非、ロスアンゼルスに・・・・・・・






スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/09/29(木) 09:29:11|
  2. 展覧会案内
  3. | コメント:0
<<「全国手漉和紙青年の集い」2011和歌山大会 私の目線で振り返ってみると | ホーム | 第19回 和紙文化講演会 「古代・中世の和紙文化 -造る・使う・愛でる-」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。