FC2ブログ

紙漉き教室開催

職人仕事は出職と居職に分かれます。建築現場など現場合わせが必要な職人仕事は出職です。和紙作りはどこにも移動できない正に居職の典型です。それを敢えて出職の仕事にしました、どこにでも伺い和紙・紙漉き教室開催致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

USA道中記   運転手役を紹介

運転手はアーロン君。(Aaron Kohlくん)

私たちスタッフを毎日大型レンタカー(11人乗りの乗用車?)に乗せ走ってもらいました。




会場に着くと展示の手伝い、写真撮影、買い物、翻訳、八面六臂の活躍をしてもらいました。

往復の道を毎回変えて走ってくれる優しい彼と1週間同室でした。

彼とは3年前のシャンぺーン・クラナートセンターでの「幽玄」の公演の際に会っています。

日を改めてシカゴで待ち合わせをして一緒に食事をしていますので昔の友人に会う、

そんな心持でした。


いい男ぶりを紹介
アーロンくん



言葉の壁は彼とはありませんでした。
知りたい事を貪欲に吸収したい彼は
私の拙い英語も理解してくれました。









3年経つと雰囲気が変わり・・・・・



ホテルの部屋の照明器具とツーショットのアーロン君

2011092122570000.jpg












失礼失礼




























部屋に入る際のカードキー差しこみの図
2011092122540000.jpg


アーロン君はおちゃめな38歳です。

息子の様に何をしても腹の立たない日々でした。






スポンサーサイト

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2011/11/29(火) 21:21:21|
  2. 想い
  3. | コメント:0
<<茨城県のトロロアオイについて | ホーム | USA道中記   宿泊はリトル東京にあるホテル、和紙物語の舞台は10キロ離れたラクマゆえ毎日車で通いました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。