FC2ブログ

紙漉き教室開催

職人仕事は出職と居職に分かれます。建築現場など現場合わせが必要な職人仕事は出職です。和紙作りはどこにも移動できない正に居職の典型です。それを敢えて出職の仕事にしました、どこにでも伺い和紙・紙漉き教室開催致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「居職と出職」と題してメールをもらいました。2回連続紹介メールです。

イタリアで製本の職人をしています。

原井栄子さんからとても嬉しいメールを頂きました。

私のブログでは「イタリア製本工房の日々」を製本の方々と共にリンクして紹介しました。



名前:はらいえいこ
タイトル:居職と出職
ホスト:host-・・・・・・・・
送信者・・・・・・・
********************
キャリーバッグは簡単に壊れるんですね。苦笑。。。

さて、今回のブログの内容ではありませんが、
職人仕事の出職と居職のお話について、
紙漉き職人は居職であるが、
紙漉き師匠は居職であると思われていた紙漉き職人の世界を出職の世界にも持ち込まれた、
“自ら世界を広げ、自信を持って前進していく事、不可能は無い”
私はそんなメッセージを受け取りました。
目から鱗です。
私は自分が本当にやれること、やりたいことを、
柔軟に考えていかなければと思わされました。
自分で限界を作ってはいけませんね。

------------------------------------------------------------------------



メールありがとう。




先を歩く大変さはありますが、走り出すと景色が見えてきます。

半歩前に出ることはエネルギーが必要ですが、そんなことは

エネルギーを補給すればいいことで・・・・・。



あれこれ考えずに(ちゃんと考えているんですよ)

励ましメールに後押しされて走り続けたいと思います。



ありがとうございました。


  紙漉き  田 村  正

        







スポンサーサイト

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2011/11/19(土) 19:19:19|
  2. 新・紙漉き用語の基礎知識
  3. | コメント:0
<<保育園紙漉きの季節が廻ってきました。保育士に紹介している辰年の張り子も入荷。 | ホーム | 「師匠の紙で」と題するメールを頂きましたので謹んで紹介いたします。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。