FC2ブログ

紙漉き教室開催

職人仕事は出職と居職に分かれます。建築現場など現場合わせが必要な職人仕事は出職です。和紙作りはどこにも移動できない正に居職の典型です。それを敢えて出職の仕事にしました、どこにでも伺い和紙・紙漉き教室開催致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「日本のよきもの」    京都発

ちょうど、ひと月前の記事になりますが、

京都新聞のコラムを転載させていただきます。







2011年11月15日火曜日  京都新聞 洛西版
  
竹の里から




日本のよきもの   

伊部京子  




 豆腐、白めし、和紙の三つ
は日本の誇るべき「よきもの
たち」だと思っている。この
三つには共通点がいくつもあ
る。





まずはいずれも農産物を
原料とし、清冽な水をふんだ
んに使ってつくられる。外観
は白くてやわらかく、心と体
に優しい。工場生産されるも
のもあるが、本来は職人の手
加工である。火力で加水分解
する以外化学薬品を使わない
ので、環境にも優しい。
 市販の値段をみると、工場
で大量生産されたものと手造
り品との値段の差は、多くて
10倍内である。100円ショ
ップの東南アジア製まがいも
の和紙と、伝統技法で手すき
されるものでも、生産者価格
は10倍といったところであ
る。一枚に尽くされる手間暇
を思えば、それはいかにも安
い。豆腐しかり、名だたる老
舗製とスーパーの一番安いも
のとの格差は5倍といったと
ころだろう。いいものは高い
けれどさすがと納得するし、
安くともそれなりに楽しめ
る。スーパーではピンからキ
リまで品ぞろいも豊かで、適
宜選べるのもうれしいところ
だ。
 誰にでも楽しめる「素の良
さ」は今や世界中に普及して
いる。アメリカならどこに行
ってもまず和紙以外の二つに
不自由することはない。全米
の日本食レストランは1万5
千以上あるそうだし、テーク
アウトのすしパックはスーパ
ーの定番となっている。日本
なみの品質とはいかないまで
も、水準はずいぶん上がって
きた。アメリカのすしバーが
だんだん進化し、通はカウン
ターに座っておまかせと粋が
っている。きっとそのうち「ス
シはしゃりが命よ」と言い出
すに違いない。こうしたグル
メはまず全体の5%だろう
が、わずかな違いをちゃんと
理解してそこに対価を払うよ
うだ。日本からのものが最高
ということで空輸品や日本人
がアメリカで生産したものも
増えている。純アメリカ製と
質の違いはほんの少しだと私
は思っているが、そのわずか
な違いが日本の立ち位置だと
も言えるだろう。
 この三つのように寡黙で地
味なものつくりの技を極め、
ノウハウを蓄積してきたのが
日本文化の真骨頂かも知れな
い。子々孫々へ代々と伝えら
れてきた技と心の安定したバ
ランスが、きっと海外ではま
ねできない5%の付加価値を
生むのだと、私は感じている。
アメリカは貪欲に新しいもの
を受容し、いったん生産に踏
み切れば農業国の強みで、量
においては太刀打ちできな
い。私の領域である和紙とて、
日本と気候の似た地域で楮を
栽培し、紙の造形を大学の美
術コースに組み込んでいると
ころも珍しくない。その品質
は、豆腐白めし同様で、95%
までの水準はクリアできてい
る。たった5%のところしか
日本の独壇場がないとはさび
しい気もするが、対価が質に
反映されれば、マーケッティ
ングの観点からは決して悪く
ないはずだ。かまどで薪を使
って炊いたご飯の味を再現し
た炊飯器は、高額にかかわら
ず結構売れているようだ。山
紫水明の風土で育まれた生活
文化は、自然を畏敬し、節度
を持って利用する作法を基本
としている。
 すっかり肉体化されたもの
つくりの倫理観は日本独特
のものなのだ。工業製品の付
加価値だって、長年培われた
職人魂におうところが大だと
いうことだ。出来上がったか
たちをコピーすることはで
きても、つくり手の心に生き
続けてきた思想をコピーす
ることはできない。自然との
共存が世界共通のテーマで
ある今日、日本のものつく
りはより広く世界で受容さ
れ、評価を高めていくだろ
う。素の良さを、気軽に楽し
めて、それが世界に広がっ
ていくことをとてもうれしく
思い、生活文化による国際貢
献が拡大することを願ってい
る。


いべ・きょうこさん
和紙造形作家。向日市在住

--------------------------------------------








スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/12/16(金) 22:23:24|
  2. ご意見
  3. | コメント:0
<<屋外紙漉き、今年は終了・・・・・・・・・・・う~~~~ぅ~~さぶ!! | ホーム | わが市の中学校使用予定教科書一覧の発表がありました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。