紙漉き教室開催

職人仕事は出職と居職に分かれます。建築現場など現場合わせが必要な職人仕事は出職です。和紙作りはどこにも移動できない正に居職の典型です。それを敢えて出職の仕事にしました、どこにでも伺い和紙・紙漉き教室開催致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「楮」は桑科の落葉低木?

「桑」は落葉高木と書かれていたり落葉喬木と専門用語で記されています。

確かに「桑」は大きく成長します。


桑の木の上で昼寝をするともなくうとうとしてしていた女官が
桑の木の下に来た人の謀叛話を聞き
その謀叛人たちが居なくなったら下に降り
報告をして事件を未然に防いだそうだ。
そんなお話を中国の昔話から見つけ覚えていた、
上に居る人を見つけられないのだから葉の生い茂る夏の話であろう
と推測。

で、昼寝が出来るという大きさの木は寝返りが出来る幹回りを
必要とすると思う。尚且つ内緒話を聞けるだけの近さが必要。
どんだけ巨木なんでしょうか・・・・?




翻って「楮」は落葉低木と書かれている。
台湾旅行した際に見つけた台北の公園には20メートルを有に超える
巨木が林立していた。明らかに「桑」でない「楮」。


曼珠沙華(まんじゅしゃげ)群生地で有名な埼玉県日高市の巾着田の
河原近辺に林立していた15メートル超える「楮」は3年前に行ったが、
寿命?? なのか・・・・・・・
枯れていて、見るも無残な状態だった。「桑」もあったけど明らかに「楮」
PB270794.jpg



上野公園の上野動物園正面入り口前に立ち、左の券売機を覆う木は高さ10メートルの「楮」
のはずが、昨年は無く枯れて切られていた。
新芽が生長を始めていたのが救い。
上野動物園 券売機横1




全国手すき和紙青年の集い八女・名尾大会参加の折
移動のバスの中で「楮」の巨木を紹介していた。
ゆうに15メートルを超えていたが・・・・・・今はどうなんだろう。








ん・・・・・・・? もしかして?  




私が見ているのは






「楮」でなく「カジノキ」かも・・・・・・・しれない。














ブログランキングの説明。
出来ることなら下の四角いFC2アヒルを左指クリックをお願いします。
すると新しくページが開いてしまいます。そのまま右上の×を
左クリックしていただき新たなページを消していただいても結構ですし
「紙漉き教室開催」が何位かな? と見て回ることも可能です。
どこかに登録されることもなく、なんら迷惑を及ぼすことはありません。
どうぞ、一回クリックしてくださいね。



スポンサーサイト

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/09/16(木) 22:09:17|
  2. 新・紙漉き用語の基礎知識
  3. | コメント:0
<<昨晩、早速ブログを開いてみました。 | ホーム | 9月11日(土)紙漉き教室終了>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。